fbpx
       

ニュース

売却側の企業価値診断の登録数100件を突破。登録の約7割が売上1億円以上

中堅・中小企業の企業価値向上支援サービスを提供する株式会社BIZVAL(本社:東京都千代田区、代表取締役 中田 隆三、以下、当社)は、企業価値診断サイト「BIZVAL」(https://bizval.jp/)の売却側の登録数が100件を突破したことをお知らせいたします。

【BIZVAL登録データの調査概要】

当社が提供する企業価値診断サイト「BIZVAL」は、国内外の企業価値数億〜数十億円規模の公表されているM&A事例を網羅し、それらの売却事例に基づき企業価値算定の仕組みを独自のアルゴリズムで構築しています。

現在登録されているデータのうち、約7割が売上1億円以上の企業です。
売上1億円以上の企業価値診断結果の平均値を見てみると、売上31.4億円、営業利益3.9億円、役員報酬2,170万円であり、これらの企業価値は40.5億円と、売上を上回る企業価値が出ており、また企業価値の一つの指標であるEV/EBITDA倍率は9.6倍であることがわかります。

売却側の企業価値診断の登録数100件を突破。登録の約7割が売上1億円以上

特に、当社の強みである介護業界では、平均売上1.2億円で、平均企業価値3.3億円、またIT・ソフトウェア業界では、平均売上87.0億円で、平均企業価値121.5億円という結果が出ています。

当社では、こうした企業価値診断の結果を元に、ご相談に来られた企業オーナー様に対して、さらに企業価値向上に向けたストラクチャー提案、リスク対策の提案、アドバイザー紹介などを無料で行っています。当社は「企業価値の最大化」をミッションとしており、ご登録頂いた売り手企業様から着手金や紹介料を頂戴するモデルでは、売り手企業様の企業価値が棄損することになるため、当社は一切料金を頂戴しておりません。したがって、買い手企業様又はご紹介したM&Aアドバイザーの方からのみ紹介手数料を頂戴し、ご登録頂いた売り手企業様からは一切ご報酬や手数料を頂かないというスタンスを、設立当初から当社の特徴としています。

また、当社では、業界知見の豊富なカルビー株式会社の元代表取締役社長 中田康雄氏を顧問に、食品業界ベンダーの社長としても長年の業歴をお持ちのガーデンベーカリー株式会社の元代表取締役社長 高野博氏を相談役に起用することで、食品業界の更なる深耕を行い、食品業界の企業様に対する企業価値向上に寄与していく所存です。

企業オーナー様に、まずは企業価値診断サイト「BIZVAL」(https://bizval.jp/)をご利用いただき、自社の現在の企業価値を数値として把握することで、次にどういった手を打つのか、ご参考いただければと思います。

pageup